イスタンブールの特色
イスタンブール 宮殿
イスタンブール モスク
イスタンブール 博物館
イスタンブール モニュメント
イスタンブール ボアズ
イスタンブール ハリッチ
イスタンブール ショッピング
イスタンブール近郊

トルコ共和国 文化観光省
トルコ航空
トルコ・ヘーゼルナッツ協会
Istanbul 2010
インベント・イン・ターキー
Top > ガイド:イスタンブール > モスク
ガイド:イスタンブール

アヤソフィア博物館と向かいあうように建っているのが、優雅な6つの尖塔を持つ スルタンアフメット・モスク です。1609年~1616年に建築家メフメットによって建てられたこのモスクは、内部の壁が美しい青と白のイズニックタイルで飾られていることから、 ブルーモスク という名で広く知られています。夏の夕べには、光と音のショーが繰り広げられます。



巨大なドームと4つの鋭い尖塔を持つ スレイマニエ・モスク は、金角湾の西岸にそびえ建ち、イスタンブールのモスクの中でも最も美しいモスクと言われています。1550~1557年にオスマン帝国の黄金時代の有名な建築家シナンによって建てられたこのモスクは、丘の頂上にあって、中庭の四隅にそびえる4つの尖塔がその大きさを際立たせ、どこからでも人目を引きます。内部のミフラブ(祈りのための壁のくぼみ)と説教壇はみごとな彫刻が施された白の大理石で出来ていて、美しいステンドガラスの窓から差し込む光は鮮やかな色に染められます。

このモスクの敷地内に、スレイマン、その妻ヒュッレム・スルタン(ロシア名ロクセラーナ)の霊廟があり、その近くにはシナンの霊廟もあります。またモスク内には、4つのメドレセ(イスラム神学校)、1つの医学校、キャラバンサライ(隊商宿)、トルコハマム、貧しい人々のための厨房とホスピスが含まれています。

建築家シナンのもう1つのすばらしい建築物、 リュステム・パシャ・モスク は1561年にスレイマン帝の娘婿の宰相リュステム・パシャの命によって建てられたものです。みごとなイズニックタイルが、こぢんまりとして均整のとれた内部を飾っています。

ファーティヒ・モスク は1463~1470年に建てられ、イスタンブールを征服したオスマン帝国のファーティヒ・スルタン・メフメットにちなんで名前がつけられました。ここには彼の廟があります。イスタンブールの丘のもう一方の頂上にあり、巨大なモスクの他に宗教的な建物、神学校、ホスピス、浴場、病院、キャラバンサライ、図書館などがあり、一見の価値ありです。

巨大な エユップ・モスク は金角湾の近くの城壁の外側にあります。預言者ムハンマドに従って聖戦の旗手を務めたエユップは、コンスタンチノープル攻略の聖戦の最中の670年にここで殉死したといわれています。オスマン帝国がイスタンブールを征圧してから最初に建てられたこのモスクは非常に崇拝され、今も多くの巡礼者が訪れます。

1597~1663年に建てられた イエニ・モスク は、エミノニュの港を見下ろし、歴史の古いこの都市にやって来るフェリーや観光客を出迎えます。現在では優雅なドームやアーチはたくさんの鳩の住みかとなっています。目を見張るようなイズニックタイルがモスクのバルコニーを飾っています。

スルタンアフメットに近い急峻な丘に建つソクッル・メフメット・パシャ・モスクは、16世紀の建築家シナルの傑作で、古典的トルコ建築のなかで最も美しいものに属します。内部は息を呑むような青・緑・紫・赤のイズニックタイルが織り成す優雅なデザインです。

旧市街城壁のエディルネ門内側にあるミフリマ・スルタン・モスクは、中央ドームを支える巨大アーチ4つがガラス張り(ステンドグラス)となっています。このモスクはシナンが壮麗王スレイマン大帝の娘ミフリマ・スルタンのため1555年に建てたもので、161もの窓から採光しています。