ガイド

イスタンブル

ハリッチ

ハリッチ(金角湾)

角の形をしたこの入り江は、ヨーロッパ側イスタンブールを2つに分けています。 世界でも有数の天然港の一つであるため、ビザンチン帝国やオスマン帝国の海軍や海運業の利権などがここに集中しました。 現在では、沈みゆく太陽が水面を黄金色に染める海岸沿いに、美しい公園や歩道が連なっています。

金角湾に向かう途中のフェネル や、バラット 周辺の通りには、ビザンチン、オスマン時代の木造家屋や教会、ユダヤ教の礼拝堂がたくさんあります。 ここフェネルには、因習的な家父長制を守って暮らしている人たちがいます。

その少し先にある エユップ・モスク は、オスマン時代の建築様式をよく表わしています。 糸杉が生い茂る丘の中腹には聖者エユップの墓があり、多くの参拝者たちが祈りを聞き入れてもらおうと願ってここにやってきます。 モスクを見下ろす丘の頂上にあるピエール・ロティ・カフェは、静かに景色を楽しむのには絶好の場所でしょう。

芸術・文化・エンターティメント

イスタンブールは芸術・文化の国際的な中心地です。 国際芸術文化祭は毎年6月と7月に開かれ、世界中から著名な芸術家たちが集まってきます。 これらの催しはほとんどアタチュルク文化センターで行なわれています。

クラシック音楽が好きな人には、ジェマル・レシット・レイ・ホールでの演奏がお勧めです。 その他、オペラ、オペレッタ、バレエ映画、コンサート、展覧会、会議など、様々な催しが行なわれています。

イスタンブールにはまた、気軽に楽しめる娯楽も豊富にあります。 ナイトクラブでは、トルコ歌謡から有名なベリーダンスまで、食事をしながら楽しめます。 タクシム-ハルビエ地区には、最新のディスコ、キャバレー、ジャズクラブなどがあります。

スルタンアフメット地区にはビザンチン、オスマン時代の建物を改装したレストランが数多くあり、楽しい夜のひとときを過ごせるでしょう。

クムカ には多くの居酒屋、バー、フィッシュ・レストランがあり、魅力的な地区になっています。 ベイヨオール地区の チチェク・パサジュは昔から軽い食事やシーフード料理が有名で、人々が気軽に出かけるところです。

同じ地区のチチェク・パサジュ近くにあるネヴィザデという狭い通りは、トルコの特別料理を食べたりラクを飲むには最高の場所でしょう。 また、ベイリクドゥズにある広大な遊園地、タトゥリヤ・ジュムフリエッティも訪れたい場所のひとつです。

ボスポラス沿岸でイスタンブールのナイトライフを楽しむ最適の場所は、オルタキョイ でしょう。 さまざまなナイトクラブ、ジャズクラブ、おいしいシーフードレストランやバーがあって、いつでも賑わっています。 エミノニュに行ったら、伝統的なオスマン時代の衣装を着た漁師たちの乗っているオスマン様式の船に乗ってみましょう。 栄光の時代に思いを馳せ、有名でおいしいフライドフィッシュを味わうのも一興です。